スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂にCTレントゲン機を導入!

時代の流れには逆らえない。

矯正歯科で治療を行っていく上で
セファロ、パノラマのレントゲンは必要不可欠。
これまでは従来のレントゲンフィルムを用いた撮影をして、
分析に必要なトレースを行ってきました。

当然、レントゲンで撮ったフィルムを現像しないといけない。
その自動現像機が老朽化し、デジタル化が進む中その修理もままならない。

しかし、僕が思うに、デジタルが高性能になっても
適切に現像されたレントゲンフィルムに勝る物はないと思ってます。
しかし現実には時代の流れには逆らえない。

デジタルの性能が年々高まっていき、CTも普及してきた。
今回、当院でも頑張ってCTデジタルレントゲン機を導入設置しました。

その性能を十分に活かして、これからの診療に役立てたい。


金環日食

世紀の天体ショー"金環日食”
これだけテレビで騒いでるから
知らない人はいなかったんじゃないでしょうか?
皆さん、見えましたか?

大阪でも場所によれば雲で見えなかった所もあるとか。
僕も娘と一緒に東の窓から見てましたけど、
日食が始まって少し右上が欠けた時に見れただけで
クライマックスの金冠日食の時には雲が掛かってて
どこに太陽があるかも分からない。

残念ですが、後はテレビで見てました。
テレビで見ててもワクワクしましたねぇ~

次は来月に金星が今回の日食の様に太陽の前を横切るとか・・・
これも見る?

歯茎をおなかの脂肪で再生?

阪大歯学部のの研究グループが
皮下脂肪から抽出した幹細胞を使って歯周病を治そうとする
試みの臨床試験を始めるみたいですね。
(動物実験では移植から6週間後に歯周組織の再生が確認されてる様です)

口の生活習慣病と言われている歯周病。
歯を失う大きな要因であり、矯正治療をする上でも
歯を移動させるのに注意を要します。

歯周病は成人だけじゃないですけど、
やはりお腹周りも歯茎も歳を重ねると気になります。

僕もお腹周りはちょっと・・・
いや、かなり気になってます。
このお腹の脂肪も使い道があるのなら良いですね。



誕生日

誕生日って若い頃は、毎年“~歳の誕生日”って感じだけど、
ある程度年齢がいくと単なる“誕生日”っていうだけでいい。

何歳ぐらいからこう思うのでしょうか・・・?

逆にもっと歳がいくと、
今度はまた、“~寿のお祝い”ってな感じで
“~歳の誕生日”に戻るよね。

どこかで聞いた事あるけど、
雑誌でもテレビでも人の年齢をやたら表示したがるのって
日本ぐらいなんだってね。

ところで今年で何歳?
そんなの聞かないでぇ~

新年挨拶

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

今年も皆様にとって幸多き年になります様に
心からお祈り申し上げます。


大晦日の昨日は久しぶりに紅白歌合戦を見て
ゴロゴロしながら年を越してしまいました。
元旦の今日もゆっくり起きてポストを見ると年賀状。

日頃からお世話になっている先生方やご無沙汰している人。
年賀状のやり取りだけになってしまった小学校や中学校、
そして高校からの友人。
大学はどうしても歯科大学だから当然みんな同じ歯科医師だけど
それでもそんなに会うこともないから年賀状で近況報告。

パソコンで年賀状を作るのが当たり前の様になった昨今では
宛名も印刷に頼ってしまう様になりました。
せめて一言でも自筆で書くようにしないとなぁ~
でも、どうしても枚数が多くなるとなかなか全部は・・・
ダメだなぁ~もっと早くから年賀状を書くようにしないと・・・
毎年年末に反省している気がする。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。